そもそも育てるタオルとは一体何なのか?

こんにちは、タオライフです。

 

今回の記事では、そもそも育てるタオルって何なの?という部分について書いていきます。

 

インターネット、テレビや雑誌などで育てるタオルを発見して、育てるタオルってなんだろう?タオルが「育つ」ってどういうこと?などの疑問を持ったのではないでしょうか。

 

今回、育てるタオルがどのようなタオルなのか、育つってどういうことかなどについて書いていきます。

商品名の通り「育つ」タオルです。

信じられないかもしれませんが、タオルを使って洗濯して乾かしてと繰り返すたびに、この画像のようにボリュームがアップしてふかふかに「育つ」タオルなんです。

 

どうして育つのか、育つメカニズムについてはこの後の文章も見ればわかります。

肌触り、吸水性、速乾性◎

それから、育つというサプライズだけではなく、タオル自体の性能もかなり高いのが特徴です。

 

肌触りは柔らかくなめらかで、吸水性が高くかなり水分をしっかりと吸ってくれるし、乾くのも早いです。

 

吸水性が高いなんて、どのタオルでも言っているじゃないかと思われると思いますので、吸水性が比較されている動画もご覧下さい。

 

 

世界一の綿×特許取得の糸×この道50年の会社によるタオルだから実現!

じゃあなぜ、育てるタオルは育つのか、どうして各性能が高いのかについて説明していきます。

 

簡単にまとめると、

 

世界一の綿 × 特許取得の糸 × この道50年以上の会社

 

によって作られているタオルだからです。これだけでは分かりづらいと思うので、一つ一つ説明してみます。

世界一の綿とは?

世界一の綿というのは、中国のウイグル地区で栽培されている新疆綿という綿です。なにが世界一かと言うと、毛足の長さが世界一です。

 

と言われてもよくわからないですよね、私もちんぷんかんぷんです。

 

つまり、この毛足の長さが育てるタオルの肌触りに繋がっているということです。毛足が長いとシルキーでなめらかな肌触りのタオルが生まれるようです。

 

確かに、育てるタオルはなめらかな肌触りだし、濡れた後もザラザラせずしっとりとしていて気持ち良いです。

特許取得の糸とは?

特殊な糸とは、世界7カ国で特許を取得していた製造で作られている「スポンジーコットン100」という糸の事です。簡単に言うと、普通の糸よりも空気をたくさん含んだ糸だということです。

 

吸水性や速乾性の高さ、それから毛羽落ちの少なさを実現しているのはこの糸のおかげです。スポンジーコットン100について詳しくは下の記事をご覧ください。

 

この道50年の会社とは?

育てるタオルを作っているのは「英瑞」という会社です。もともとは温泉タオルを扱っていた会社で、タオルに50年以上も携わっている会社です。

 

そんな英瑞が半世紀の経験を生かして、特殊な糸と世界一毛足の長い綿を使って作ったのが育てるタオルなんです。

 

絶妙なパイルの長さや密度など、細かなところまで考えてデザインされています。

 

英瑞について詳しくは下の記事をご覧ください

⇒準備中

どんな商品があるの?おすすめは?

育てるタオルがどのようなタオルなのかは大体わかりました。それでは、育てるタオルにはどのような商品があるのですか?私におすすめの商品はどれですか?

 

育てるタオルには主に4つのシリーズがあります。それぞれのシリーズについて別々に記事を書いて説明しているのでそちらのページでご覧下さい。

育てるタオルが初めての方におすすめの「クラシック」

⇒初めての方におすすめ、育てるタオル「クラシック」って?【お得セットあり】

愛用者からの評判が高い「イエローリボン」シリーズ

⇒評判が良い!育てるタオル「イエローリボン」シリーズってどんなの?

ギフトに最適!おしゃれな箱入りタオル「Feel」

⇒タオルギフトならコレ!育てるタオル「Feel」シリーズの特徴って?

汗をかいた後も快適に!育てるタオル「+S(プラスエス)」

⇒最強のスポーツタオル!育てるタオル「+S(プラスエス)」とは?

もっと詳しい情報プリーズ!

育てるタオルについて大体のことはわかりました。もっと実際に使っている人の話や口コミも見てみたいです。

 

と感じたら、下の各参考記事を見てみてください。実際に育てるタオルを使ってみて分かった良いところや、悪いところなどについて書かれています。

 

 

下のバナーをクリックすると公式販売ページに移動します。